フォト
無料ブログはココログ

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月25日 (火)

私の正しいアプローチ

6月22、23日の両日、八王子の帝京大学で開催された文化財保存修復学会の研究発表会に出席してきた。久しく会うことが出来なかった旧知の友人や敬愛する先輩と再会をし、楽しく有益な時を過ごして帰宅した。

私はこの道に入ってかれこれ30余年になるが、これまで確かな安全がうたわれ、使い慣れた材料が、新しい知見によって問題が見出され、突然利用出来なくなったり、あるいはいろいろな事情から生産されなくなって、代替えになる材料を探すようなこともあった。熟達もして確かと思っていた技術も、対処する作品の症状によって見直す必要が出てきたり、改良しなければならないことは少なくない。もともと私の工房には、多種多様な作品が持ち込まれていたから、いわゆる伝統的な方法とか、従来の施術方法では処置出来ない物も多かったので、経験と技術を駆使していろいろと工夫を重ねてきたが、新たに作品が持ち込まれるたびに学ぶことは多く、これまでいろいろな意味で鍛えられてきた。
どんな職種であれ、同じ仕事に長く従事していれば、変化や進化を余儀なくされることは避けられないに違いない。いまやコンピューターの性能の飛躍的な向上によって、この世界は以前よりもめまぐるしくスピードを上げて変化、進化しているから、私たち修復家の現場にも、今後はさらに良い材料、技術が導入されて、変化を強いられていくだろう。

文化財(狭義な意味では『文化財』とは国などの指定品をさして言う)の修復においては、基本的に現状の維持(オリジナルとして残っているモノ=その姿や形、色、そのモノの構造とそれを構成している材料素材の保存)が最優先課題とされていて、対象が限りなく変化しないよう、最小限の処置が望まれていて、貴重な物ほど対応は慎重になり、『処置をしない』という究極な選択肢も残す。
しかし、物の劣化はとどまることを知らず、傷んだものは人が手当てをしなければ直らない。また、最小限の処置をいたずらに追求すれば、処置後の寿命も短くなってしまう可能性が高いし、その後の取り扱いはより難しくなり、管理者や所有者には大きな負担が課せられることになる。昨今は高性能な空調装置や展示ケースもあるから、お金さえ出せば、より安全で高度な管理も可能にはなったけれど、潤沢な資金を持って運営している施設はけっして多くはなくて、せっかく高性能な空調装置を持っていても、全館24時間稼働している施設は多くはないし、全ての施設に経験、実績とも豊富なスタッフが在籍、常駐しているわけではない。それが個人の管理、持ち物となれば、さらに厳しい条件下にそれが置かれ、利用されることになるから、モノの寿命は短くなるばかりだろう。

私の工房では、大学や地方自治体などが運営する美術館、博物館、資料館をはじめとして、個人が所有する芸術作品や歴史資料も取り扱う。扱うモノの種類も多く、それがおかれる環境も多様であり、管理し、所有する人々の価値観、思い入れも様々。専門家が在籍する施設では、修復の方針を話し合うことも出来、望まれる修復の結果や、そのイメージも共有し易いけれど、実は結構ちゃんとした施設であっても、修復家に『おまかせ』となることが多くて(信頼されるのは嬉しいのだけれど)、責任も重い。
大きな重圧のなかで、修復家としての責務を果たすには、専門家としての倫理や哲学にできるだけ忠実に、なおそれを守ってきた人々の価値観に寄り添い、真摯に、謙虚に、いま出来る最善をひたすら尽くすことかと思う。それが私の勤めであり、私にとって『正しい修復のアプローチ』。

2019年文化財保存修復学会 第41回大会に出席して

 

2019年6月19日 (水)

裏打ち紙を取り除く

伝統的な技法で製作される東洋の書画は、薄い絹織物や紙に描かれるため、そのままでは保持することも展示利用することも難しいので、作品が描かれた用紙や画布の裏面に接着剤を塗布した和紙を何層か貼り付けて補強し、これを額や掛軸に装幀して利用する。
書画を掛軸に装幀する場合は、巻いて収納し、展開して、きれいに平らに床の間に掛かるように、裏打ち時にはでんぷん糊を水で薄めて調整し、あるいは煮溶かした糊を長く寝かせて接着力をわざわざ減衰させて使い、裏打ちした紙が剥がれることなく、なお硬ばらぬように工夫を凝らしている。このような工夫の結果、将来なんらかの理由で改装したり、あるいは問題が生じて、作品を修復しなければならない際には、裏打ちした紙を湿らせることで、古い裏打ち紙を安全に取り除くことができるようになっている。
一方、最近取り扱う頻度が高くなってきた額装された絵画作品は、ベニヤ板など合成材を使った額材に強度の高い接着剤で固定され、画用紙や画布の裏面に貼り付けられた裏打ち紙についても、合成接着剤を用いていて、容易に除去できないケースが多い。
かつても将来の改装や修理の可能性など考えて表装作業をしたとは思えないが、近年は安価で簡便に使用できる接着剤も多く販売されていて、もちろん使い方次第では良好な結果を得られるものも多いのだけれど、便利=安全ということばかりでもなく、重要な作品の装幀に際しては、作業効率や経済効果ばかり優先せずに、 実績のある伝統工法も参照しながら、より安全で、確かな施工を行って欲しいと思う。

20190619
◉裏打ち紙が変色していたため、除去をする。
従来工法によるものならば加湿することで容易に除去できるが、最近取り扱うものの中には、裏打ち紙の除去に苦労するものが多くなった。

2019年6月 3日 (月)

次の仕事

今月から、大小合わせて30点あまりの書画を処置する。いずれの作品も近年額装丁された比較的新しいものだが、額材や接着剤による汚染が見られたり、不良な処置が施されていた(あるいは必要な処置をしないで額装丁されていた)ため、 すべての作品を旧額から分離し、古い装丁材料や裏打ち紙を取り除き、洗浄など然るべき処置を施す。これらの額は皆、木枠の表裏にベニヤ板を張ったパネルを主要構造としており、このベニヤ板などから発生するガス(ホルムアルデヒドなど、人体にも悪影響を及ぼす物質)の影響もあったかと思う。作品にはすべて裏打ちが施されているが、中国式の物で、紙も接着剤も日本で使用してきたものとは異なり、事前に十分な調査やテストが必要になる。以前に同様のものを処置した経験はあるが、私たちが預かるものはすべて、経年の状態も、これまでの利用経緯も異なっているため、いつも『未知のもの』と考えて慎重を期す。

Frame01
Adhesive-deterioration01 Foxing01 Laceration01Image_1

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »