フォト
無料ブログはココログ

自転車・サイクリング

2016年1月31日 (日)

休日

久々にひとりの休日。愛車Cinelli号にまたがって多摩川サイクリングロードを走った。今日は晴れるとの予報だったと思ったが、午前中はあいにくの曇り空、幸い風が強くなかったので良かったが、ゆっくり走っているとなかなか体も温まらず、寒いサイクリングとなった。

Dscn0314
Dscn0306
Dscn0312_3

2015年2月14日 (土)

晴天多摩川

このところ仕事が忙しくて、気がつけば2ヶ月近くも自転車に乗っていなかった。
今日は朝からすばらしい天気。ようやく仕事も一段落したので、愛車Cinelli号にまたがって多摩川サイクリングロードに出てみた。
今朝は結構な冷え込みだったせいか、いつもはランナーやサイクリストでにぎわう道もまばら。おまけに今日は結構風が強くて、怠けた体にはきついサイクリングだった。

Tamariver20150214

2014年4月 7日 (月)

見頃も過ぎて

親友と調布飛行場までサイクリング。敷地内にあるプロペラカフェは離発着する飛行機を間近で見ながら食事が楽しめる。この周辺はおおきな桜の木も多くて花見にも最高。今年は天気が急変したり、雨が降ったり(昨日このあたり雹が降った)桜は見頃は短かった様に思う。

Pcafe 2014tyoufuap 2014sakura

2013年12月 1日 (日)

The Bridge

しばらくぶりに愛車にまたがっていつものコースを走った。鶴川街道を北上して多摩川サイクリングロードへ向かい、多摩川原橋で一休み。気がつけばもう師走。冬の晴れた日の朝、冷たい空気の中を走るのもまた気持ちがよい

Tamariver20131130  Fuji20131130_3

◎多摩川原橋より上流(聖蹟桜ヶ丘方向)を望む。多摩川より望んだ富士山は綺麗に雪化粧。

2013年5月 6日 (月)

修復家の休日

久々に友人とサイクリング。この日はすばらしい天気で風も穏やか。朝方はちょっとひんやりとしていたが、日中はあたたかくなって絶好のサイクリング日和。多摩川サイクリングロードから聖蹟桜ヶ丘へ向かい、途中気になっていたお店でハンバーガーのランチ。多摩川の支流となる乞田川沿いは桜の若葉が美しかった。

Dscn0015
Dscn0010
Koinobori01

2012年4月 9日 (月)

花見日和

週末に自転車で走るお気に入りのコースには、桜の木がたくさんあって、昨日あたりはちょうど満開。午前中の早い時間は人でもまばらで、長く続く桜のアーチをゆっくりと通り抜けて桜を堪能。

Img_0869sakura2012
◎小田急または京王線の多摩センター駅近く、多摩川の支流、乞田川の両岸には桜並木が続く。ここ数日がちょうど見頃です。

2011年6月 6日 (月)

閑話休題 

この休日は天気もよく、親しい友人とサイクリングをしてきた。鶴川街道から多摩川、甲州街道を越えて、武蔵境通りをひた走り、途中、深大寺でひと休憩。井の頭公園では神田川の始まりとなる水源にたちより、昼食は吉祥寺のシャポー・ルージュというレストランでゆったりとランチを取った。この日は結構な日差しで、帰りは結構な向かい風にも悩まされた。
Img_0620jindai_2
深大寺は比叡山延暦寺にゆかりのある天台宗のお寺。深大寺そばが名物だが、今回はパス。寺の周辺は木々も多く、木々の間から抜けてくる風が心地よかった。


Img_0624bornriver_2
武蔵野三大湧水池。ここから神田川へと続く。すでに江戸時代には神田上水が引かれ、井の頭池は水源として大きな役割を果たしていた。かつてこの周辺は徳川歴代将軍の鷹狩りの場として、池のほとりには弁財天がまつられ、江戸の市民の信仰の場として、行楽地としてもにぎわったらしい。

2010年10月12日 (火)

自転車道楽

閑話休題。
ずっと欲しかったロードレーサーを購入した。ロードレーサーとは簡単に、より速く、長距離を走り易いように設計された競技用自転車のこと。十年あまり前に、友人に触発されてマウンテンバイク(こっちは文字どおり山の中や舗装されていない道を走りやすいように設計された自転車)を手に入れて以来、子供の頃にはじめて体験した自転車の楽しさを、自分の体力を超えたスピードと距離へ導いてくれるプリミティブな道具のすばらしさをあらためて実感している。
ただ、このロードレーサーはくせ者だ。何しろけっこうな前傾姿勢が強いられる。慣れないと首や肩がこる。良いポジションをキープしないとハンドルもふらつく。乗りこなすにはそれなりの体力も必要。本当は、50歳の誕生日に買おうと思っていたのだが、我慢できずにちょっと前倒しにした。今ならまだ鍛えれば何とかなると思う(苦笑)。

Img_8239cinelli_2購入したのは Cinelli チネリと言うイタリアの老舗メーカーの自転車(近頃はおよそほとんどのメーカーが台湾で生産しているそうだ)。競技至上思考のメーカーとは一線を画したコンセプト、グラフィックデザインのよさに惚れて決めた。素材はカーボン製でとても軽く、適度に路面からの振動を吸収してくれるので、きつい前傾姿勢に慣れてしまえばなかなかよい乗り心地。