フォト
無料ブログはココログ

保存修復

2017年4月13日 (木)

紙筒を使った掛軸

大きな絵画作品を掛軸に装幀する際、用紙が厚かったり、絵具の層が厚くて巻きにくい様な場合は、巻き芯を太くすることで収納時のストレスを小さくし、折れたり、巻き癖がつくことも回避出来る。通常は『太巻き添え軸』というアタッチメントを使い、軸棒に被せて巻いて収納するが、大きな作品になるとそれなりの重量になるし、制作費用も収納箱と合わせるとかなりの高額になる。

作品の様式や、掛軸の大きさによってはバランスが悪くなることもあるが、大きな掛軸には紙製の筒を掛軸の軸棒として使うことがある。この筒は中性の紙を積層させたものだが、精密にできていて反りやゆがみも無く、 硬くて強度も十分。さらに軽いので、掛軸を吊るして展示した時の負荷も小さくて良い。収納時にはおなじような中性紙でできた段ボール箱を利用すれば、全体の制作費用も安価で済ませることができる。
Papersylinder
Papersylinder2
この紙筒には専用の軸先を取り付ける。この軸先は桐材製で、特別に制作してもらったもの。

2017年4月 6日 (木)

ブックマット装幀 

今週は絵画作品のマット装幀作業を進めている。マット装幀とは、積層させた厚手の硬い紙に作品を挟み、画面側に窓を開けたもの。この状態で額装幀することもできるし、このまま保管したり展示したりすることもできる。

薄手の紙に描かれた絵画や版画作品、 経年によって劣化、脆弱化した作品や資料は、マット装幀することで直接接触せずに取り扱うことができて安心。マット用紙も酸性物質や不純物を含まない安全なものを使うことで保存性能が向上する。
Mat000_3
Mat001_4
Mat002_3
Mat003_2
◎写真のマット装幀は『ブックマット』と呼ばれる仕様。
作品の大きさ(有効画面)にくり抜いたウインドウマットと、
作品背面にあてがうバックボードの一辺にヒンジを取り付け、
本のように開閉ができるようにしたもの。
このようなマット装丁は作品本体へのアクセスも容易で、
作品の固定方法によって背面の観察も出来る。

マットカッターは市販のカッターと自家製の定規を組み合わせた
ものだが、高い精度で裁断、くり抜き加工ができる。

2017年3月24日 (金)

大きな掛軸

年に数回、結構な大きさの掛軸の修理を依頼される。高さ(長さ)もさることながら、掛軸は幅が大きくなると完成後の取扱いも難しくなる。自分の腕の長さを超えてしまうと一人では取り扱えなくなるし、修理後の展示も収納も一苦労。もちろん、修理中の取扱いもなにかと苦労が多い。

Bigkakejiku
◎高さ(長さ)2m60cmx幅1m20cmの掛軸。一般に多く見る掛軸のおよそ3〜4倍の大きさになるかと思う。写真の状態は裏打ちした作品と表装裂地をつなげた状態(裏面)。仕上げた状態はこれから少しばかり小さくなるが、この段階では作業台いっぱいの大きさになった。
これから全体に裏打ちをおこなって仮張(【かりばり】前述を参照ください)に張り込んで乾燥させ、乾燥後に寸法を決めて周囲を整えた後、最終的な裏打ちをおこなう。
はじめの裏打ちから最終裏打ちまで、作品の肌裏打【はだうらうち】、表装裂地の肌裏打、作品の増裏打【ましうらうち】、表装裂地の増裏打、掛軸の形に作品と表装裂地を接合の上全体に中裏打【なかうらうち】、最終裏打ちとして総裏打【そううらうち】と計6回、全体には4層ほどの裏打ちを施し、裏打ちごとに仮張に固定して乾燥させる作業を繰り返す。

2017年2月 2日 (木)

仮張【かりばり】

毎年末から年始の時期は、3月末のいわゆる『年度末』までの返却が求められる修復の仕事が多くなる。いつもこの時期はとても忙しくなるのだけれど、今年は比較的小さな作品が多かったので、いつもより少し早めに大きなヤマも越えて、無事に約束の期限までに返却出来るメドもついてきた。ほっと一息の今日この頃。
Karibari
◎写真は仮張【かりばり】というパネルに裏打ちした作品を貼付けて乾燥させている状態。仮張【かりばり】とは、障子の様な木軸の骨組みに和紙を貼り重ねたパネル(縁のない襖の様なもの)の表面に柿渋【かきしぶ】を塗布したもの。または、乾燥の為に裏打ちした作品や掛軸などを張り込む作業。
掛軸や巻き物は通常、肌裏打【はだうらうち】、増裏打【ましうらうち】、中裏打【なかうらうち 】、総裏打【そううらうち】と作品の厚さや状態にあわせて、背面に薄い和紙を数層糊付けする。そしてこの和紙を糊付けする度に仮張に周囲を糊付けして固定し、乾燥させることを繰り返す。

2016年12月24日 (土)

掛け軸、巻物、表装の寿命

掛け軸や巻物は、薄い料紙(画用紙)や料絹(絵絹)の背面に和紙を何層か貼付けて強度を上げ、一枚のシート状になっている。背面に和紙を貼付けることを『裏打ち』と呼ぶが、この裏打ちは小麦粉から出来た澱粉糊によって接着されていて、この接着剤は経年によって劣化し、次第に接着力が低下して、いずれは裏打ちした紙も剥がれてくる。

裏打ち紙から遊離して、補強を失った薄い料紙や絵絹は湿度の影響などで自由に伸縮し、たわんだり歪んだりし、この状態で、うかつに掛け軸や巻物を巻いたり広げたりしていると、皺や折れが発生し、症状が進むと亀裂や破損にいたり、折れた箇所は絵の具も剥がれやすくなってしまうので注意が必要だ。

伝統的に表装作業の現場で長く使われてきた接着剤は、巻いたり広げたりを繰り返す掛け軸や巻物の裏打ち、表装作業には無くてはならず、経年を経ても水分を加えることで、安全に作品から裏打ち紙を取り除けることも出来る優れたものではあるが、その耐用には限りがある。耐用年数は保管環境や使い方にもよるが、裏打ち紙が剥離をはじめたら、修理が必要な時期と理解して、専門家に預けてほしい。
Img_4319
裏打ち紙が剥離し、料絹が浮き上がった状態で巻かれた作品。折れ皺が発生している。
Img_4340
同じ作品の背面。水泡上に裏打ち紙が浮き上がっているのがわかる。こうなったら、出来るだけ速く処置したい。

2016年8月29日 (月)

『仏像再興』

信仰の対象となり、人と社会によって特別な価値(生命)を与えられた仏像の修復は、私たちの日々取り扱う芸術作品や歴史資料のそれとは、その物質的な大きさや重量もさることながら、比べることのできない取扱いの困難さがうかがわれる。

本書は仏像修復の方法論や技術解説書としても読みやすく、興味深いものとなっているが、仏像を取り巻く人と社会、今日に至るまでの数奇な歴史から、仏像の存在価値をあらためて知り得ることができる良い1冊。

そして、私たち修復家自身が、修復という活動を『再考』させられる1冊でもあるかと思う。

20160829

◎『仏像再興』牧野隆夫 著 山と渓谷社 ISBN978-4-635-33067-1  価格1,800円+税

 

2016年7月27日 (水)

仕事をはじめるまえに

仕事を始める前には、処置前の状態を必ず写真を撮る。撮影時にはカメラがきちんと正対する様に水準器でカメラの位置を確認し、ピントを合わせる際にはカメラのオートフォーカスでは若干ピントが甘くなることがあるので、必ず専用のルーペを装着し、肉眼で確認してから撮影する。

Photo2016071_2 Photo2016072

一枚物の紙資料や版画作品など、薄手の資料や作品を撮影するときは三脚を使って上方より撮影することがある。三脚は中型の大きなカメラでもしっかりと支えられる丈夫なものを用い、撮影時にはレリーズ(リモートコントローラー)など使ってカメラ本体に触らず、極力振動を与えずに正確なピントを目指す。

2016年6月20日 (月)

色紙の修復

絵を描いたり、サインをもらったり、詩歌の揮毫に用いる色紙(短冊)は、表面の料紙と台紙(厚紙)、背面の化粧紙(砂子などの装飾があることも多い)の3層からなっている。しっかりとした強度と厚さを作る色紙の芯となる台紙材料には、再生した雑紙、繊維くずを利用したものがほとんどで、ルーペなどで観察すると、まれに新聞や雑誌などの印字、包装紙などと思しき色のついた破片が認められる。このような紙材には不純物が多く含まれており、経年を経ると変質、変色し、後に表裏の用紙に影響を及ぼすことが多い。

このような問題を抱えた色紙も、原則的にはオリジナルの構造、材料としてすべて保存、維持するように努める。しかし、台紙材料が表面に接着された作品(料紙)に著しい障害を与えていたり、残存させることによって、作品を保持することが危ぶまれると判断された場合は取り除くこともある。

およそすべての色紙は、将来修理したり、台紙を剥がし取ったりするこも、もちろん考慮して製造されていないから、台紙は表面の料紙にしっかりとくっついていて、剥がしとることは容易ではない。除去するためには台紙材に水分を含ませ膨潤させて、本紙を傷つけないよう慎重に、ピンセットで少しずつ台紙繊維をつまみ取ってゆく。

台紙を取り除いた作品(料紙)は、洗浄など必要な処置の後、安全な材料を使ってもとの色紙の形態に戻したり、裏打ちするなどして補強するが、接着剤や施工法を工夫して、将来の再修理にも備えておく。

Img_sikisi01_2  Img_sikisi02_9

◎作品の表面には色紙の影響による変色が見られたため、台紙材料を除去した。この後、作品本紙は洗浄処置をおこなう。

2016年6月13日 (月)

定着試験

少し時間の余裕ができたので、手持ちの膠の定着試験としてサンプルをつくる。私が日頃使っているのは牛と兎の皮から抽出した膠で、牛の膠は粘度、強度の違うものを数種類用意している。 修理時には経験と実験から必要と思われる膠を選びだし、適宜湯煎して溶解、精製水で希釈して調整し、筆で塗布したり、蒸気化して処置部にしみ込ませる。

試験には膠の希釈率を変えて何種類か用意し、 修理用の料絹や和紙に何も描かずに塗布して固化後のこわばりや材質の変化を調べたり、定着力のほとんど無いパステルや顔料(粉末)を塗ったところに膠を加えて定着力の違いを見たり、皿の上で顔料と膠を良く混ぜたものもつくり、顔料自体の固着力も比較する。
つくったサンプルは大切に保管し、経年による変化を追ってゆく。
Img_gluetest201606

2016年4月23日 (土)

床の間の取り扱い方

床の間は書画を飾るスペースとして 発展し、利用されてきた。  最近はいっそう生活様式が西洋化して、建築の事情も変わり、床の間も和室さえもない家屋が増えているようだ。 いずれは、限られたところでしか見ることのできないモノとなる床の間なのかもしれない。
建築条件や地域によって寸法と様式は異なるが、床の間は和室の隅に設置し、室内の床【ゆか】レベルよりも 柱1本分ほど高く床をつくり、壁面よりも畳一畳分ほど奥に壁面をつくる。また、床の間の上方、前面には、室内の壁面と同じレベルの壁を天井から鴨居のあたりまで下ろして取り付ける(取り付けない様式もある)。
この構造からも、床の間は扉のない押し入れの様に つくられており、構造的に風通しが悪く、空気が滞留 しやすい。これに加えて、床の間の壁面に塗布される土壁には、滞留した空気中の湿気を吸収し、メリットと考えれば室内の湿度調整の役割も果たすが、帯びた湿気は黴害を誘発する。
壁面が帯湿した床の間に長く掛軸を掛け続ければ、あっという間に黴が発生する。掛けられた掛軸と壁面の間にはわずかな空間しかなく、壁に発生した黴はいずれ掛軸の背面に転移し、そのまま放置していても、あるいは。そんなことをつゆ知らずに巻いて箱の中に納めておけば、 今度は掛軸が黴の温床となってしまう。 実際に、こういった症例はとても多い。
こんな事態を避けるためには、まず、床の間に掛軸を掛けっぱなしにするのはやめよう。 春先や秋口あたり、ちょうど空気が乾燥する時期に床の間に風を通すとよいだろう。 エアコンや扇風機など利用して、床の間のある室内全体の空気を循環させ、乾かせるの もよいかと思う。 床の間の壁面はザラザラとして、埃(これも黴の温床になる)も付着しやすいので、吸引口に先の柔らかい 刷毛を取り付けて、電気掃除機で掃除するのも良い(壁面を傷付けない様に注意する)。 もし、壁面に肉眼で確認出来る様な黴害が発生していた場合は、ぜひ専門家に頼んで消毒してもらいたい(肉眼で確認出来る状態は重篤と考えたい)。
往古の人たちは季節ごとに、その季節を感じさせる様な書画を架け替えていた。現代社会では床の間文化を楽しむことも、なかなか難しいのだろうと思う。
Tokonoma

より以前の記事一覧