フォト
無料ブログはココログ

趣味

2011年6月20日 (月)

歌うピアニスト

極度に細かい作業や、緊張を必要とする作業中に音楽を聴くということはしないが、単純な作業や、繰り返し同じことを続けるような作業中は音楽を流していることも多い。気分を変えてアップテンポの曲や、時にロックを聞きながらということもあるが、基本的には静かなクラシックやジャズを流す。クラシック曲の中でよく聞くのはグレン・グルード(pf)の弾くゴルドベルク変奏曲。友人の中にもこのCDを愛聴する者がいるが、グールドの絶対的なテクニック、濃密、精緻な演奏は圧巻だ。仕事にさえ集中できていれば、淡々と流れてゆく感じのこの曲は単純作業をしているときに良い。けれど、油断をしていると、ついつい聞き入ってしまうから注意をしなければならない(そんなときはいっそ手を止めて聞き入るか、CDを止める)。何でも、この曲は不眠症に悩む伯爵のために演奏されたという逸話があるが、このCDを聴いている限り、仕事中に眠気を催したことはない(苦笑)。

Img_0239goldberg
このCD。知っている人も多いと思うが、大きな音で聞いてみると、かすかに彼のハミングが聞こえてくる。演奏しながら、彼は気持ちよく(たぶん)歌っている。
◎J.S.バッハ:ゴールドベルク変奏曲 BWV988 / 演奏:グレン・グールド / CBSソニー22DC5543

2011年6月 1日 (水)

古いカメラ

私が初めて手にしたカメラ、キャノネット。父が持っていたもので、確か小学校の高学年になって、初めて触らせてくれたように記憶している。1961年の販売で、レンジファインダー、4群5枚f1.9のレンズに露出計を内蔵し、シャッター速度を決めれば絞りを自動設定する。当時販売されていたこの種カメラの中では、なかなか性能の良いものだったそうだ。

Img_0221canonet

2011年5月27日 (金)

新しいカメラ

預けられた作品や資料は、修復の前後に必ず写真を撮る。基本的にはレンズ交換のできる一眼レフタイプのカメラを使うが、出張先の簡単な調査記録や仕事中の撮影など、とくに高詳細な画像が必要ないときには小型、軽量で、持ち運びも便利なコンパクトカメラを使う。
少し前に、ずっと使ってきたコンパクトカメラを買い替えた。当初購入したカメラ、CanonG2は映像素子がおよそ400万画素(もはや携帯電話の付属カメラより劣る?)、値段はたしか10万円を超えていたと思う。最近のこの種のカメラからすれば、大きいし、重いし、携帯性もよくはない。けれども細かなマニュアル操作がしやすく、ブログやサイトに利用するにも十分な性能で、気がつけばずいぶんと長い間使ってきた。今回購入したG12は格段に性能があがり(経年を考えれば当たり前だけれど)、1000万画素、価格も半分以下だった。いつも使っている一眼レフカメラ(フィルムカメラはeos-1、デジタル式のは40D)と同じキャノン製で、慣れたせいもあってか操作感も良い。今流行のおしゃれな色と形のカメラから比べると、武骨な感じだが、それもまたカメラらしくてイイ。最近の電子機器は高い性能の割にずいぶんと安くなったと思う。
Img_8823canong12

2010年12月 7日 (火)

写真の価値とその行方

ちょっと前にカメラ女子なる言葉が流行した。週末、都心などへ出かけると、若い人が首からカメラをぶら下げているのが目につく(結構フィルムカメラも多いのに気づく)。近所の公園には、初老のカップルが、ちょっとした水筒ぐらいの大きさのレンズをつけた自慢の一眼レフカメラ(こちらはデジタル)を抱えて、野鳥の撮影にやってくる。写真、カメラファンは、いまもけっこう多いなあと思う。私も中学生のときにカメラにハマって、撮影のみならず、フィルムの現像からプリントまで全て自分でこなした。現在主流となったデジタルカメラから比べると、プリントができ上がるまでの行程、作業はとても煩雑で大変なばかりだが、手間をかけてでき上がった一枚の写真への思い入れも大きかった。
近頃は、携帯電話で写真を撮る人が多くなっているように思う。撮った写真は、待ち受け画面にもするのだろうが、ほとんどはデーターホルダーにしまいっぱなし、およそプリントすることも無いようだ。曲がりなりにも写真の制作に携わった者ならば、写真はプリントにしなければ、印画紙に焼かなければ写真は完成しないという感覚を持っていることが多いと思う。あるいは、お金をかけてプリントするほどの価値のある写真は撮っていないということなのだろうか。
デジタルカメラには欠かせない、コンピューターや周辺の電子機器の高速な進化は、撮影したデーターを瞬くうちに陳腐化している。フォーマットの進化の行方も定かでなければ、いずれ早いうちにその情報が利用できなくなる可能性も否定できない。データーを保存する媒体も、紙に焼いた従来の写真(およそ100年以上の保存実績がある)を超える保存保証をしている物は無い。デジタル画像のプリントも進化はしているが、やはり従来のフィルム〜印画紙から比べると、その保存性能は足下にも及ばないようだ。
フィルムを使わないカメラはランニングコストを大幅に減少させるメリットがある。撮影した情報をカメラのモニターやパーソナルコンピューターを使ってすぐに確認できるし、失敗を恐れずに、どんどんとシャッターを切ることも出来るのも魅力かもしれないが、そんな容易さもまた、写真の価値を低下させる原因の一つかもしれないと思う。

Img_8261ae1_2
◎初めて自分でかったカメラ。

2010年10月12日 (火)

自転車道楽

閑話休題。
ずっと欲しかったロードレーサーを購入した。ロードレーサーとは簡単に、より速く、長距離を走り易いように設計された競技用自転車のこと。十年あまり前に、友人に触発されてマウンテンバイク(こっちは文字どおり山の中や舗装されていない道を走りやすいように設計された自転車)を手に入れて以来、子供の頃にはじめて体験した自転車の楽しさを、自分の体力を超えたスピードと距離へ導いてくれるプリミティブな道具のすばらしさをあらためて実感している。
ただ、このロードレーサーはくせ者だ。何しろけっこうな前傾姿勢が強いられる。慣れないと首や肩がこる。良いポジションをキープしないとハンドルもふらつく。乗りこなすにはそれなりの体力も必要。本当は、50歳の誕生日に買おうと思っていたのだが、我慢できずにちょっと前倒しにした。今ならまだ鍛えれば何とかなると思う(苦笑)。

Img_8239cinelli_2購入したのは Cinelli チネリと言うイタリアの老舗メーカーの自転車(近頃はおよそほとんどのメーカーが台湾で生産しているそうだ)。競技至上思考のメーカーとは一線を画したコンセプト、グラフィックデザインのよさに惚れて決めた。素材はカーボン製でとても軽く、適度に路面からの振動を吸収してくれるので、きつい前傾姿勢に慣れてしまえばなかなかよい乗り心地。

2010年5月19日 (水)

骨董はあたらしい?

某TV番組のおかげか、不景気なせいなのか、新しい作品が売れない一方で骨とう品を珍重する人が増えているようだ。それが興味本位であれ、財産として、金銭的価値目当てであれ、私たちのような仕事をしている人間にとっては、古い物を大切にしてくれるのはうれしい限りではある。でも、骨董という概念は、確かに古い物を収集し、大切にもされながら、実際は現代における価値観のもとに成立をしていて、創造された当初からみれば、けっこう異なった見方、意味付け、価値付けがされていることが多いかと思う。美術館や博物館に展示され、芸術作品として、あるいは歴史資料として捉えられる仏像は、本来しかるべき寺社に納められ、かつては信仰の対象として、神の化身として崇められていた捉えられていた存在から、現代の私たちによってガラス製の展示ケースに収められる観賞の対象となっている。骨董というモノも、じつはもとのイメージとは異なった価値を与えられた、あたらしい『別モノ』として、私達は捉えているのではないだろうか。

2009年5月19日 (火)

安易な修理にご用心

近ごろでは、文具店や画材店にいくと様々な種類の接着剤が販売されている。首都圏で有名な東急ハンズや街にある大きなホームセンター、DIY店などにいけば、プロフェッショナルも使うようなものが簡単に手に入る。用途に合せて種類も様々で、その姿形も液状のモノからはじまって、ゼリー状、粘土のようなモノ、固形、テープ状と様々だ。店頭に並ぶパッケージは色とりどりで、新しい物好きの私などは、つい手にして試したくなる(仕事上必用なことでもあるので実際に多くを試している)。これらの接着剤料は、知識のない者でも、子供から大人まで安心して利用出来るように安全設計されていて(もちろん使い方を間違えなければ)、利用強度の高さに優れ、なお簡便性の高いモノが多くて魅力的だ。
けれど、こういったものを、とくに『大切』と思われる物には安易に利用しないで欲しい。間違ってもパッケージにうたわれた効能を鵜呑みにし、上辺だけで判断したり、DIYの趣味よろしく不用意な補修に利用するのも控えていただきたい。
かつて、その簡便さからか、版画やデッサン、水彩画など、紙製の作品を額装する際によくセロテープなどと呼ばれる透明の接着テープが利用され、今もなお、この接着テープの被害を受けた作品が工房に数多く運び込まれる。接着テープの利用によって生じる一番大きな問題は、経年と共にテープ(フィルム)上にあった接着剤が被着物にゆっくりと溶け出し、染み込んでゆくこと。さらに、時間を経るとこの接着剤が変色して、こうなった時は除去するこが極めて困難になる。
市販されている接着テープは、日常生活における用途に十分に答えてくれる物で、短い時間か、使い捨てを念頭に利用すれば全く問題はないだろう。それを良く理解して使う限り、安全で使い勝手も良い物が多い。しかし、貴重な美術品や資料に対して利用する修理材料としては、長期的な安定に欠ける物が多く、後の可逆性(時間が経っても安全に被着物を傷めずに除去出来ること)を保証するものはほとんどない。私達修復家の取り扱う物はとても貴重なだけに、修復に利用する材料や素材に求める要求も一般からくらべればかなり高く厳しい。昨今ではずいぶんと研究も進み、中にはかなり長期的に安定する接着剤、接着テープも増え、一方、以前から私達のような専門家しか使うことのなかった商品も店頭に並びはじめている。でも、やっぱり安易に利用することは常に控えたい。どんなに優れたものにもウイークポイントやデメリットはつきものだ。。強力!とか瞬間!であれば全てが良いワケではないのである。
大切なものが壊れたら、まずは専門家御相談を。

Img_5165市販の接着テープで固定されていた版画作品の裏面。帯状、茶褐色に見えるのが接着テープの変質した痕。経年と不良な額材から発生するガスなどによってテープの接着剤が変質してしまった例。こうなると修復処置は結構大変だ。

2008年12月26日 (金)

体感することの楽しさ

巷で流行のNintendo Wii 。我が家でも少し前に子供にせがまれて購入した。このゲームの面白さは、なんといっても身体を使うこと。端末機を持ったまま、モニターに釘付けになってピコピコと操作ボタンを押し続けるのとは違って、端末を振ってバットやゴルフクラブの代わりに使ったり、左右に持ってはマラカスやビブラフォンなど楽器にも変身(もちろん実際には変わらないが)する。体重計の様な端末機に乗れば、スキーやスノーボードとしてバーチャルなウインタースポーツが出来ると言った寸法。このゲーム、なかなか良く出来ていて、スキー操作に必要な体重移動を上手にプログラムし、うまく再現してあると思う。きっと、相当な経験者が開発、プログラムに参加しているのだろう。けれど、経験者にしてみれば、やはりなんだか物足りなくてすぐに飽きてしまう。高速で滑走した時のあのスピード感、足裏から伝わる振動や重力感も全くなく、なにしろ、私の大好きな雪山の空気、あの爽快感はもちろんない(そりゃあたりまえ!)。
2002年の9月まで千葉県の船橋市に『ザウス』という室内スキー場があった。開業間もない頃、夏の盛りに一度だけ、スキー好きの友人と遊びに行った。そこは巨大な冷凍倉庫を滑り台にした様な施設で、外界からは完全に閉ざされた世界。確かにスキーは出来るのだが、2〜3回滑ったらもう飽きてしまって、ずいぶんと遠いところまでつまらない思いをしに行ったものだと記憶している。
スキーはやっぱり冬のスポーツ。冬の到来と雪を待ってまたさらに楽しいもの。待つ間の楽しさも体感できないバーチャルゲームかと思う。
ホームゲレンデにしているスキー場から雪の便りが届いた。ワクワクする今日この頃。

街はクリスマスからお正月の装いへ
皆様どうぞ良いお年を。