フォト
無料ブログはココログ

« 掛け軸、巻物、表装の寿命 | トップページ | 仮張【かりばり】 »

2017年1月28日 (土)

裏彩色【うらざいしき】

東洋の伝統的な絵画は、薄い絹織物に描かれているものが多い。この絹織物に描画をする際は膠と明礬の混合溶液(礬水【どうさ】という)をしみ込ませ、滲み止めをしてから描くが、絵具の色をより鮮やかに見せたい場合には、濃度の高い絵具を厚く重ねたり、裏側から塗るなどの工夫をする。写真は背面から白い絵具を塗った例。背面に塗布する絵具を多くすれば織物の目(隙間)が絵具で埋まり、明るい色を塗ると表面に塗る絵具も明るく、鮮やかに見えるようになる。

Reversepaint

« 掛け軸、巻物、表装の寿命 | トップページ | 仮張【かりばり】 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529000/64820621

この記事へのトラックバック一覧です: 裏彩色【うらざいしき】:

« 掛け軸、巻物、表装の寿命 | トップページ | 仮張【かりばり】 »